生活に関する情報

5,000円以下でiPad快適化!マウスとキーボードでブログも快適

いつもご覧頂きありがとうございます!
初めて当ブログにアクセス頂いた方もありがとうございます
ブログ管理人のハジ(@popo_1215)です。


今回は手持ちのiPadでもブログの執筆作業を快適に出来ない物かと考えた結果…

「とりあえずやってみよう」と思いました。

「iPad OSも13.4のバージョンからマウスが使える」という記事を見たのがきっかけでもあります。

ハジ
ハジ
ならば私のiPadも!と思い半信半疑で挑戦してみました。

使えなければパソコンに使おうと
思ってましたのでとりあえず実験感覚です。

今回の記事の内容

・iPadをパソコンのように
使うことのメリット・デメリット

・iPadをパソコン化する為に必要な物

・iPadで使うマウス・キーボード解説

このような内容の記事になっております。

 

iPadをパソコン化させる

こういうのって簡単にできる!

そう思って飛びついた結果、肝心なところを見落としていて出来ないという経験もあったので正直一か八かの挑戦でした(^_^;)

でも、これが出来たら「外でもiPadを持ち出してブログ書いたりで出来るしちょっと今後のiPadの使い道も広がるのでは?」

始める前からこの成功したかのような
発想が危なかったりします(笑)

で、ちょっと考えてみました

iPadをパソコンのように使う
メリットとデメリットについて

iPadパソコン化のメリット

そもそもメリットが無ければ
そのままiPadを使うという結論に
至ったと思います。

著者なりにiPadを
パソコンのように使うと
以下のようなメリットがあります。

・文章入力スピード(タイピング速度)UP
・マウス操作ができる
・画面から離れることが出来る
・持ち運んで作業可能

メリットとしてはこれらの内容が考えられます。それでは1つずつ説明していきたいと思います。

文章入力スピードが向上

まずキーボードの使用によって
タイピング速度が向上するので文章入力はかなり早くなります。

iPadのキーボードでも文字打ちは出来ます

しかし、iPadのキーボードってなんか打ちにくいと日頃から感じておりました。LINE等で短い文章を打つ程度ならいちいちキーボードを使おうとは思いませんが文章作業をする時にはとにかく作業がしにくいです。

その理由は

・置きながら打つと角度がいまいち
・角度的にも作業がしにくい
・数千文字もの文章を打つのは大変
・端末を持ちながらの作業は疲れる

このような悩みというか不便さを
感じておりましたのでキーボードを
使うことによってこれらの悩み解消されます。

操作もマウスでできる

続いてはマウスについてですが
著者的にはこれが一番環境が変わる
部分だと思ってます。

キーボードに関してはマウスよりも早期に
Bluetoothで使う事が出来ていました。

最初はキーボードをBluetoothで接続して文字入力できたことにも感動したことを覚えてます。でもその時にマウスもiPadで使えたらいいのになぁというのは望んでいました。

ハジ
ハジ
その為、iPadでマウスが使えるのは私としては嬉しいアップデート。

iPadという端末の性質上、操作を行うには画面に触れなければならなかったのでこれが解消されるのはかなり嬉しい

ちょっと例えは異なりますが有線だったものが無線になるくらいの技術の進歩だと思っています。

画面から離れることが出来る

無線になることでiPadに直接触れることなくマウスで操作が出来ます。

その結果、姿勢も改善され、画面と目の距離もある程度離れるので目にも優しくなるというメリットもあると思っています。

どうしてもiPadを持って操作をすると
顔との距離も近くなるので

  • 目も疲れたり
  • 肩こりにもつながります

画面から離れることによって身体に
与える影響も軽減されると感じました。

持ち運んで作業可能

今まではソートパソコンを持ち出して作業をしていたこともiPadでこなすことが出来るようになればiPadが主流になってきます。

クラウドストレージを使うことによって
多くのデータ保存もiPadでも十分です。

外でパソコンを使う人はビジネス関係で使う事が多いと思います。文章入力やPDFやメールなども基本的にはiPadで十分作業が可能です。パソコン作業もBluetoothのキーボードとマウスを活用すればパソコンよりもパフォーマンスも良いかと思っています。

重量、サイズ、バッテリー駆動など含め

iPadパソコン化のデメリット

一方でiPadのパソコン化デメリットに
ついて考えてみました。

デメリットというのが相応しいのか分かりませんがパソコンと比較して劣っている部分についてです。しかし、このデメリットですがパソコンを併用することによってカバーが出来るので問題ないレベルかと思っております。

全てをのPC作業をiPadにするって
ことではないのでお忘れなく!

・画面が小さい
・大容量の処理には向かない
・PCソフトが使えない
・荷物が多くなる

とりあえずデメリットかなぁと思う部分を考えてみた結果このような点があげられると思います。それではデメリットの部分について説明していきますね。

モニターが小さい

当然のことですがパソコンのミニターと比較してしまえばかなり小さくなります。大画面に慣れている場合はこのiPadのインチ数では小さく感じてしまう部分です。

iPadも種類によってはiPadのmini~iPad Proまであるので大きい画面にしたいならiPad Proですが正直そこまでのサイズになるのであればパソコンを使った方が良いのでは?

と思ってしまうので今回のiPadをパソコン代わりに使うという概念から離れてしまいます。

モニターが小さいのは覚悟の上で
使っているので著者としては許容範囲内かと思っています。

大容量の処理には向かない

これもパソコンと比較してしまうこと自体当然と言えば当然のことかもしれませんが普通に文章入力やブログを書く程度の作業であればiPadでも十分スペックとしては足りているので問題なしです。

そもそも論ですがそのような重たい処理をiPadでやろうと思っていること自体間違っているような気もするのでデメリットとして挙げてみましたがデメリットでもないかと思います。

PCソフトが使えない

この辺が少しデメリットな部分になるのかもしれませんが使い道を区分けすれば解決できる部分でもあるので許せる範囲内かと思います。

動画編集等のソフトもクラウド系の物もあるのでそのようなソフトを使うのであればiPadでも利用が可能です

逆にiPadの足りない部分を補足する為にアプリがあります。アプリを使う事で不足している機能を補えるのであればアプリで解決してしまえばOKですね。

どうしてもPCでしかできないことは
PCでやれってことですね(^_^;)

荷物が多くなる

デメリットの最後は荷物が
多くなるよっていうことですね。

確かにiPadをノートパソコンのように使うにあたってマウスとキーボード、マウスパッド、必要に応じて充電ケーブルになります。パソコンの場合はキーボードが一体型なのでパソコンと比較するとキーボードが余計に持ち運ぶ必要があります。

しかし、Bluetooth用のキーボードも色々な種類が販売されていますので折り畳みやロール式等のコンパクトな物もあるのでかさばらない物もあるのでそのような物を使うのがいいと思います。

例えばこちらのキーボードであれば折り畳んだサイズだとiPad miniサイズよりも小さくなり、厚みも12㎜なのでカバンに入れておいても圧迫されないです。

重量に関してもモバイルバッテリーが180g~でこちらのキーボードだと150gなのでモバイルバッテリーよりも軽量になっております。

 

著者のBluetoothキーボードはばりばり存在感のあるキーボードなので持ち運びにはちょっと不便な部分もありますがこれはこれでいいかなと思っています。

以上が、考えてみたデメリットかなぁ?と思う部分です。完全にiPad頼りになる人にはちょっとiPadだけでは用が足りないかもしれませんが家ではパソコン、外での作業にはiPadでサクッとこなすという方には特にデメリットも無くやっていけるのではないでしょうか?

ipadパソコン化で購入した物

今回外でもiPadでブログの執筆をするのに購入したのは以下の3点です。

高い物を買って使えなかったということ考えたら手を出しにくかったというのもあります。

マウス
マウスパッド
キーボード

とりあえずこれがあれば作業が出来るので装備は揃いました。しかも、トータルで5,000円以内で正確には3,000円ちょっと

今回、著者のiPadの新たな仲間になったのがこちらです。

マウス

マウスはエレコムのBluetoothマウス
型番はM-BY-10BRです

「PAIRING」の長押しでiPhone、iPadとの接続も簡単に出来るのですぐに使えました。

3ボタンなので一般的なマウスで基本的な操作はこれでも十分です。iPadで使うマウスはボタン数が多くなくてもiPad側にアクセシビリティーの設定でボタン以外の操作ができます。

マウスでホーム画面に戻る、クリック、長押し、スクロール、タスクタスクマネージャーの操作ができます。その他にもアクセシビリティーでiPad側で設定しておけばスクショ撮ったり、音量調節、画面の拡大縮小など基本的には操作全般がマウスで使えるようになります。

正直マウス1つでここまでできるとは
思っていなかったのでかなり快適になりました。

普通に操作するなら正直これで十分です。

余談ですが

ゲームもできますが指で全力操作が必要なゲームではマウスは役に立ちません(^_^;)音ゲー、FPSゲーム、パスドラ系などは指の方が良い、普通にタップして進行するゲームであればOKです。

キーボード

続いてはこちらのキーボードですがお値段を考えるとちょっと心配もありましたが意外と良かったです。

・3端末が登録できてボタンで切替が可能


・ボタンの押し心地が良い


・Fnキーも使える
・電池の持ちも良い
・足があるので傾斜をつけられる

・端末スタンドで角度調整可能

普通にiPadでも使えるので問題ないと思っていましたが一部キーに関しては未対応でした。例えばこの () カッコですがshift+8とかで使ってましたがこちらのキーボードではそれが出来ませんでした(^_^;)

解決策としては カッコ と入力し変換すると出てくるのでそのようにして使ったり、ユーザー辞書等の機能で登録しておけば使いやすくすることもできます。

このようにちょっと使い方には工夫がいりますが総評としては使えるので良しとしています。

以前にこちらのロジクールのK380を使っていましたがこちらのキーボードよりも幅も大きく使いやすいと個人的に思いました。

ロジクールのこちらのキーボードもデザインが良く使っていますが、コンパクトなせいかボタンの配置に慣れるまで若干誤入力が多かったです。ちょっと配置が狭いかな?と個人的に使った時に感じました。

しかし、こちらのキーボードも3端末の接続ができるのでこのような機能のキーボードは使いやすくて良いですね。

マウスパッド

マウスパッドは無くても良かったんですが持ち運び用にと思ってついでに購入したので必要に応じて用意してください!

エレコムのマウスパッド初めて買ってみましたがなかなか良いです!裏面はしっかりラバー素材になっているので滑りにくくなっています。

マウスと比較すするとこのようなサイズ感です。マウスが小さいのでちょっと大きく見えるかもしれませんが通常マウスで使う場合はちょっと小さいかもしれません。

最後までご覧頂きありがとうございました。
今後も役立つ情報を日々更新していきますので引き続きよろしくお願いいたします!

ブログランキングに参加中です!
クリックで応援して頂けると嬉しいです!


にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村


電子マネーランキング

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です