生活に関する情報

お香特集第二弾|HEMの人気お香シリーズを10種まとめてご紹介!

いつもご覧頂きありがとうございます!
初めて当ブログにアクセス頂いた方もありがとうございます
ブログ管理人のハジ(@popo_1215)です。


今回は前回の記事に続きお香の記事の第2弾です。前回はおすすめのお香からお香のイロハを沢山書きましたのでそちらの記事もお時間ありましたらご覧ください。

それでは今回の記事について説明をしていきます。前回の記事ではシーン別におすすめのお香を紹介しましたが今回はHEMというインドのお香メーカーにフォーカスして書きました。

ハジ
ハジ
このお香メーカーのお香について香りを紹介しつつおすすめの香りもご紹介します。私も1番使っているお香になります。

今回の記事はこのような方におすすめの内容になっています!

こんな人にオススメ

・HEMのお香について知りたい
・HEMのお香で人気の香り
・HEMのお香で隠れた人気の香り

こんな感じの内容についてまとめております。これから使ってみたい、今までも使ってきたけど違う香りも使ってみたいという方にもぴったりな内容です。

HEMのお香メーカーとは

HEM(ヘム)は日本国内で最も多く流通しているインドのお香メーカーです。日本の雑貨屋さんで見かけるお香のシリーズの中でも最も多いのがHEMです。

きっと皆さんも一度は目にしたことがあるのではないでしょうか?六角形の箱に入ったお香です。写真をみれば恐らく分かる方もきっと多いはずです。

HEMの会社について

1983年に三兄弟によって設立された香製造会社でインドのムンバイ、バンガロールで製造を行っています。現在でも世界の70を超える国や地域に400種以上の香りを輸出しています。

実は40年程前から香製造をおこなっていてその種類は400種以上もあるというのがまた驚きでですね。

HEMの製品について

HEMの会社についてわかりましたね。続いてはHEMの製品について説明すると実はお香だけを作っているのではなく他にも香りの製品を作っています。

お香以外にはアロマオイル、エアーフレッシュナー等も作っています。

ではHEMの会社説明などはこれくらいにしておいてここからはHEMのお香で人気シリーズの紹介に移っていきたいと思います。

流通している量はあまり多くはりませんが6種類の香りのアロマオイルがあります。

左からラベンダー→ムスク→サンダル→アンバー→オレンジ→シトロネラです。

アロマオイルも一通り使いました。アロマはまたお香と違って広がり方はゆっくりですが深みのある香りが空間に広がります。

興味がありましたらこちらもお試しくださいませ(^_^)

HEMのお香人気シリーズ10選

それでは今回のメインコンテンツ
HEMのお香人気シリーズを一挙ご紹介!

著者も日々愛用しているお香メーカーでついつい買ってしまう香りです。

おすすめしたい香りが多数あるので正直絞るのはかなり悩みましたが10個に絞りました。恐らくお香を普段から使っている方には既に知っているお香が入っているかと思います!

初めての方はこの人気シリーズを使っておけば大きなハズレはないと思っておりますので是非参考にしてみてください。

※最初に↓の「お香を買う時に気を付けたいこと」も目を通してみてください(^_^)

お香を買う時に気を付けたいこと

初めてのお香を購入する時には以下の点に気を付けて購入するのがおすすめです。

お香を購入する時にオススメの買い方としてはHEMの場合は六角形のお香が1つ単品で売られているのと6個1セットで売られいてることがありますがまずはバラ売りで買うのがおすすめです。

最初の写真が6個1セットで売られている状態

続いてが1個単品で買う場合

その理由は

香りが気に入らなかった場合に大量にあると消化するのが大変なのでまずは単品で購入するのがおすすめです。1回使ってみて香りが気に入った場合にまとめて購入するのが良いでしょう。

チャンダン

確実に外せない王道の香りはプレシャスチャンダンです。白檀ベースの香りで雑貨ショップなのでも焚かれていることが多いので馴染みの香りですね。
この香りはお香全体のランキングでも上位に入ってくるお香なのでとりあえずお香デビューするならチャンダンが王道ルートで間違いないですね。

購入するなら比較的取り扱っているお店も多くあるので雑貨屋さんのみならず100円ショップや、ドンキホーテなどにも並んでいます

著者もチャンダンは4種類(チャンダンスティック2種、コーン、エクストラチャンダン)を使っています!とにかくこれからお香でデビューされる方〜ヘビーユーザーまでおすすめできる香りです。

購入者の声

男性購入者
男性購入者
言わずと知れた定番。強めで甘くて華やかな香り。雑貨屋や古着屋の香り。
女性購入者
女性購入者
一番人気ということで購入しました。爽やかなとても良い香りです。
女性購入者
女性購入者
1番人気という事なので試しましたが、これぞ王道と言ったお寺の香りです。でもお寺で香るより深く柔らかい感じがして、より落ち着く感じがします。外せない香りですね。

レインフォレスト

その名の通り熱帯雨林をイメージした香りでまるで自然の中にいるような香りです。サッパリした香りが基調となっていて清涼感が強めのお香です。

落ち着いたフローラル系の香りとは反対の香りです。気分転換したい時に焚くとスッキリします。
結構人気の香りにランクインする香りでもあるので使い始めると人によってはリピ買いしてしまうかもしれません。

購入者の声

男性購入者
男性購入者
とても素敵な香でした。雨のすっきりしない日に焚いてみたのですが、とても素敵な空気になりました。
女性購入者
女性購入者
雨に濡れた木を思わせる、癖になる香りです。ラムネのようなさわやかさが漂っています。
確かに、熱帯雨林の湿度の高い森の中にいるような青い香りと気圧の低さを感じます。

ホワイトムスク

ムスク系の香りからはこちらのホワイトムスクをチョイスします!なぜホワイトムスクかというとムスク系統の中でも比較的マイルドな仕上がりになっているからです。ムスクの香り+パウダリー系の要素も加わり甘めのムスクを堪能できます。
HEMから出ているお香でMUSKとかフレグランスという香りもありますがこちらの種類は香りの強いムスクなので初めて使う人には香りがちょっと強烈です。

よって幅広い人に使って頂くという点においてはこちらのホワイトムスクが使いやすいと思いましたのでこちらをチョイスしました。

購入者の声

男性購入者
男性購入者
甘くなくちょうどいい香りで大変満足してます。リラックスしたい特にぴったりの香りでした。
女性購入者
女性購入者
ムスクながら、ふんわりと香るため、とても良いです。うちでは定番となってます。

ホワイトセージ

セージ系の香りといえばこちらのホワイトセージ一択です。爽やかなセージの香りでさっぱりした中にも
マイルド感もあって清涼感があります。ツンッとした尖った香りもないので使いやすいお香です。

セージには浄化作用等も言われていて浄化目的で使われる人もいるようで使う人も多いお香の1つです。

購入者の声

男性購入者
男性購入者
毎回と言っていいほどリピート。このスッキリ感が好き!こもった空気も爽やかになります。
女性購入者
女性購入者
なんとなく心身がもやもやしていたり、部屋がどんよりしている時に焚きたいと思い浄化用に購入です。爽やかすぎず、重すぎず、とてもいい香りです。これからもずっとリピートしたいお香の一つになりました。

ムーン

created by Rinker
ユーインターナショナル

以前の記事でも紹介した夜に焚きたお香ムーンです。神秘的な香りで甘さとちょっぴりスパイシーな要素をもつ香りでクセになってしまう香りです。

就寝前や夜の時間を落ち着いて過ごしたい時にぴったりな香りです。夜の時間のお供にはこちらのMOONがおすすめです!

購入者の声

男性購入者
男性購入者
ムーンという名の通り夜にマッチした落ち着く香りです。とても優しい香りなので、落ち着いた雰囲気にしてくれます。
女性購入者
女性購入者
月の香りってどんなの。と思い試しましたが、尖った所のまるで無い柔らかな本当に落ち着く香りです。迷っているならハズレでは無いと思うのでオススメです。

バニラ

甘い系シリーズからはこちらのバニラです。甘ったるい香りではなくパウダリー系の甘さに癒されます。甘すぎずリラックスしたい時にもおすすめの香りです。
著者は甘い香りは苦手ですがこのHEMのバニラだと大丈夫なので甘さ控えめのバニラを探しているかたにはおすすめしたい香りです。

購入者の声

男性購入者
男性購入者
思っていたほど香りが強くなく、軽く甘くてリラックスできるバニラの香り。
女性購入者
女性購入者
バニラっていうとどぎつい香りをイメージしますがこちらは優しく香る程度でした
甘い香りが優しく癒やしてくれるお香なのでお香ストックの中に一つあるとよいと思います♪

ココナッツ

南国をイメージした香りと言えばこちらのココナッツですね。夏に使いたいお香で定番の香りです。香りはもうココナッツそのもので甘さもあるので著者は季節限定で夏に使います。
暑い季節に部屋の窓を全開にして開放感ある中で焚きたい香りです。

正直、好き嫌いは分かれてしましますが好きな方も多い香りなのでピックアップしました!

購入者の声

男性購入者
男性購入者
甘くていい香り。夏に向けてリピート購入。他社のココナッツよりも濃いです。
女性購入者
女性購入者
ココナッツの甘い香りが好きな方なら、ほとんどの方が嫌いにならないんじゃないかな?と思ってしまうくらい、好みのど真ん中を貫くココナッツ香です。

ラベンダー

HEMのお香で人気の香りラベンダーです。芳香剤等でも人気の香りで落ち着いた香りとなっていて安心感がある香りです。焚く前からラベンダーが香りますので焚かずに使う人もいるようです!

焚いた後もラベンダーの優しい香りが残り癒しの空間を演出してくれます。

購入者の声

男性購入者
男性購入者
安眠効果のあるラベンダー、くどくなく良い香りだと思います。
女性購入者
女性購入者
ラベンダーが好きな人にはたまらないです。フワッとした香りです。いつもトイレにもたいてます。

ロータス

created by Rinker
ユーインターナショナル

続いてロータスですがおそらく香りのイメージが出来ないと思います。日本ではロータスは蓮(ハス)です。
蓮と聞いても香りがあまりイメージ出来ませんが実は人気の香りでフローラル系が好きな方におすすめの香りです。

優しいフローラルの香りが漂うので焚くだけで優しい香りの空間が広がります。キツい香りではないので比較的いつでも焚けるお香として使っています!

購入者の声

男性購入者
男性購入者
フローラル系の中でも大好きな香りです。甘すぎず上品。
甘さは感じず独特の花の香りで、どこかで嗅いだ事あると思ったら中国雑貨店の香りみたいです。確かに懐かしいようなパウダリーな香り。
さわやかなお花の香りでとても気に入りました。玄関先や匂いの気になる場所で使いたい香りです。

イランイラン

イランイランのイメージは熱帯地方の植物のイメージです。フィリピンのタガログ語で「花の中の花」と言われています。そのイランイランをイメージして作られたお香なので香りはフローラルな香りという表現につきますね。

焚いていると気持ちも穏やかになれます。エキゾチックな花の香りに包まれたい方にはおすすめの香りです。

購入者の声

すっきりとした香りでした♪夜のリラックスタイムにおすすめ
このお香を焚くと穏やかで優しい気持ちになれます。お花畑にいるようなそんな気分にさせてくれるお香です。

以上、HEMのお香人気シリーズになります。ここまで紹介させて頂いたのはHEMのお香の中では定番シリーズなので店頭でも揃っていることも多い香りです。

HEMのお香のランキングなどでもランクインする香りが多数あるのでまずは王道の香りを使ってみたいというかたはこちらから焚いてみるのがおすすめです。

HEMのお香で隠れた人気の香り

続いてはHEMの多数ある香りの中であまり知られていないけどいい香りをご紹介します!メジャーな香りから新たな香りを求めいている方にお勧めの香りです。

 

しかし、1つ難点があります。

 

あまり店頭には置かれていない可能性があります。つまり、お店で買うことが出来ないので通販で買わないとなかなか買えないという点です。

今回は販売されいているリンクも一緒に掲載しておきしたのでそちらから確認頂けます!

HEM ストロベリー

HEMのお香フルーツシリーズでは隠れた人気の香りストロベリー!香りは甘酸っぱいイチゴがリアルに再現された香りでかき氷のイチゴシロップという感じの香りです。

花の香りはお香でも多くありますがフルーツはあまり種類がないので貴重な1種です!店頭販売ではなかなか見かけない種類になります。

今までのお香のテイストから大きく逸脱するような香りですが実は隠れた“いい香りシリーズ”で人気もあるので見かけたら是非お試しください(^_^)

HEM ジャガンナート

ヒンドゥー教の神で世界の主と言われているジャガンナートですがその見た目はなんとも可愛らしいです。ジャガンナートは土着神でその土地の神と言われています。

 

そんな、ジャガンナートのお香ですが
香りのイメージ出来ますか?

 

当然、著者も一体どんな香りなのか興味持ちました。んーちょっとやばそうな雰囲気もあるので恐る恐る焚いてみました。

香りはHEMのチャンダン(白檀)系の香りですがチャンダンよりも少しスパイシーな感じもあります。しかし、尖った感じもなくマイルドに仕上がっているのでお寺のような香り。

神を香りで表すとこのような香りになるのか!という感想でした。でも焚いているとクセになってしまう香りで実はお気に入りの香りです。

HEM オールシーズン

パッケージは四季を表したものになっているので一見香りがイメージできないのですが実際に焚いてみると

甘いキャンディーのような
きんもくせいのような香りが漂います

その名の通り春から冬まで季節問わず年中使えるお香!ってことでしょうか。香りから伝わる爽やかさが継続して使いたくなってしまうのかもしれません。

こちらの香りもなかなか店頭では目にすることがないので通販で買い足ししているお香です!

HEM フランキンセンスミルラ

フランキンセンスは日本では乳香(にゅうこう)といわれ樹木から分泌される樹脂を言います。かつてはこの樹脂の塊を焚くことによって生じる香りに癒されていたとか。

 

このフランキンセンスの香りも
樹脂をモチーフにして作られています。

香りは甘い香りですが爽やかさもあり石鹸のような香りというのが一番表現として近いように思います。朝にも夜にも焚けるお香でなんとも落ち着く香りで癒されます。

 

まとめ

今回はHEMを中心にお香を紹介してきましたがお香を焚いていて思うのは香りという表現の難しい物を再現できるのは凄いなぁと感心します。

例えば

日本で石鹸といえば香りのイメージも出来るので納得できます。フルーツとかも実体があるので表現できるのは納得ですがインドのお香の香りはもっと複雑です。

表現が抽象的なものが香りで
表現されているのでいつも驚かされます。

神様をモチーフにた香りや四季の香りや、OM(オーン)という音を表現した香りなど様々な物が香りで表現されています。

その香りを嗅ぐことで

どういった想いでその香りになったのか?なぜその名前を付けたのか?というのを考えてみるのもまた一つの楽しみ方なのかもしれません。

また定期的にこの著者の香りコレクションは記事にしていきたいと思います。

最後までご覧頂きありがとうございました。
今後も役立つ情報を日々更新していきますので引き続きよろしくお願いいたします!

ブログランキングに参加中です!
クリックで応援して頂けると嬉しいです!


にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村


電子マネーランキング

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です